tomatoyoko.gif (61032 バイト)    阪神間(西宮市−甲子園界隈)の賃貸住宅 と分譲マンションのトラブル回避のヒント集、 マンスリー マンションを掲載. リンクフリー

 上へ ホームインスペクター マンション管理士トマト マンスリーマンション リンク 生きるヒント集 更新履歴 掲示板 目次 Private

建物の寿命について
 

 

 

建物の寿命について

 欧米では、鉄筋コンクリートのマンションの平均寿命は、80年から150年と言われていますが、日本では、50年未満。

決定的な問題は、給排水管の交換が考慮されていない、コンクリートの材料に海砂が使われている、等々、構造的な問題です。しかも、なかなかそれが判っていて改善されていない。

 先日、知り合いの工務店の方から伺ったはなしですが、築60年の鉄筋コンクリートの収益マンションを2億円で購入して、1億円で改装する話があった。さっそくコアを刳り抜いて、点検しますと、鉄筋はピカピカでコンクリートも理論通り強度を増しており、あと60年はOKと、ゴーサインがでたとのこと。

 方や、築30年の鉄筋コンクリート建物を解体したときは、すでに鉄筋は、錆びて強度不足、海砂の使用が原因と考えられるとのこと。昨年から、構造計算書偽造問題が発覚して、強度不足が指摘されて、最悪は解体という建物もでているが、鉄筋の錆びたマンションは、それよりも怖いなあという話。

 ローンが終わる頃に、寿命が来て取り壊す日本の建物は、世界から見ると、異端児の様ですね。
欧米では、給排水管は、露出が原則。パイプスペースも楽々と人が入って交換が可能とのこと。
方や日本では、給排水管は、コンクリートで塗り固めて、交換は不可。露出で再度配管をし直すのが原則。点検口も無いことがままあります。

リンク先

日本の不動産投資は地球上で最もリスキー・東京オフィス市場2010年問題・日本の建物の寿命が短い理由
http://www.bird-net.co.jp/rp/TP020620.html

【研究成果】「日本の建物の寿命はなぜ短い?」小松 幸夫教授(建築学科)
http://www.all-waseda.com/news/research/465

特定非営利活動法人 建物長寿命化ネットワーク
http://www.kk-kr.co.jp/npo/page007.html

 

上へ ]