tomatoyoko.gif (61032 バイト)    阪神間(西宮市−甲子園界隈)の賃貸住宅 と分譲マンションのトラブル回避のヒント集、 マンスリー マンションを掲載. リンクフリー

 上へ マンション管理士トマト マンスリーマンション リンク 生きるヒント集 更新履歴 掲示板 目次 Private

大規模修繕の見積について
 

 

 

大規模修繕の見積についての解説

長寿命の外装材が選択されました・・・

先月行われた相見積についての解説
 1社のみの「特命随意見積り」と比べると、こういった、
「競争の相見積もり」をしますと連絡するだけで、
競争原理が働き価格は「1カラ2割」は安くなると推定されます。
さらに、よくある管理会社への「裏リベート」が無ければ 更に2割前後安くなり、
結果として3〜4割程度は安くなったと推定されます。

ですので一番安い仕上がりである外壁塗装の「保証期間が5年間」で各社の入札価格を比較しますと、
 A社の1つのみの提案と
 B社の3つの提案の内のパターンB案と
C社の2つの提案の内のBプラン案とは
見積もり金額の差も5%以内に収束しています。
 つまり材料が同等の相見積りなら、各社それほど工事費は違わない、ということになります。

以下は、見積もりの施行内容についての解説
 「責任施行方式」という相見積り方式は、各社それぞれ工法を選んでの見積になります。
そして壁のつなぎ目にあるコーキング材については、3社とも同じ判断で、
まだしっかりしているので、傷んでいる所のみを補修して、上から塗装をしますとのこと。

各社の見積もりでは、外壁塗装の塗料の種類により、その違いがよく出ていますので、その違いに注目願います。
A社の外壁塗装は5年間の保証期間です
シリコン系なので、防水効果は、実務上は、 10年から13年間は、保つとのことでした。
オーナーの「長寿命の塗料はどうですか」という質問に対しては、
「15年から20年の長寿命の塗料は、
出てからまだ日が浅く、その実績が無いのでお奨めしません」とのことでした。

 B社の外壁塗装は15年保証(パターンA)。
 ここは地場の工務店で規模の小さい分、
逆に研究熱心であり、メーカーの関西ペイントと直に連絡を取りながら、長寿命の工法を学んだそうです。
 3種類の見積もりが出ていて、パターンAの長寿命ペイントは、2液を混ぜながら塗る工法で、
とても塗りにくい塗料だそうです。他の塗料が微弾性なのに対して、唯一「強弾性」を誇るとのこと。
パターンBの見積もりは、他社の同じ5年保証で価格も同等でした。
 
C社の外壁塗装は、2種類あって、高いAプランの見積もりで、7年保証とのこと。
ここは、地元で100年近い歴史のある工務店です。
同じく、ここの一番安いBプランの見積もりは、
他社と同じ5年保証で、価格も同等でした。

結局、ここのオーナー様(一級建築士)は、B社の一番価格が高いけれども、保証の長い「パターンA」を選択。
「外壁15年保証」が決め手に決まりました。
さてこの「5年保証」の見積×1.3倍して(裏リベート有り)価格を推定しますと
B社のA案である「15年保証」の長寿命外壁塗装の見積もり価格(裏リベート無し) とほぼイコールになってきます。

 つまり、この長寿命塗料のメーカー(関西ペイント販売(株))の言う
20年間の寿命が検証されたならば、
外壁塗装費用が約半額に減額されてしまう可能性のあること推定されます。

つまり、悪質な管理会社の裏リベート有りの
「談合の相見積もり」が怖いのは、
価格が高くなるだけでなく、
こういった長寿命の材料があるという情報も入ってこないという2重の弊害があると考えられます。 
そうなんです、工事の回数が半分になるのは困る「工務店」と、
裏リベートをもらう回数が半分になるのはイヤな「悪質管理会社」
の利害は一致します。
残念ながら

 

 

上へ ]