tomatoyoko.gif (61032 バイト)    阪神間(西宮市−甲子園界隈)の賃貸住宅 と分譲マンションのトラブル回避のヒント集、 マンスリー マンションを掲載. リンクフリー

 上へ ホームインスペクター マンション管理士トマト マンスリーマンション リンク 生きるヒント集 更新履歴 掲示板 目次 Private

デジカメの活用
 

 

魚眼レンズの活用

 

画像の修正

デジカメは、絞りがアンダー=暗い方で撮るのが、原則です。
オーバー=明るい目ですと、色が跳んでしまって、補正ができません。
いままで、デジカメ、デジタルビデオのオート機能でそのまま写真で
満足できたことは、ほとんどなく、毎回補正を行っています。

デジタル写真は、補正するのが、基本です。
これを、フォトレタッチソフトで、修正するのです。
   
1 補正なしの見本           2ホワイトバランス


 3   トーンカーブ                4 コントラスト               5シャープ

1 補正なしの見本=デジタルビデオからの映像です。
  全体として、少し青みがかかっていて、暗い気味です。
暗い目の方が、補正は、やりやすいのです。
この画像を取り込んで、一度この補正処理にチャレンジしてみて下さい。
思ったより、簡単ですよ。目の前で、補正結果が見えますので。

撮影機材は、デジタルビデオ=sonyTRV9からパソコンへ
ビデオ静止画キャプチャーボードで取込=30万画素相当 


2 イメージの 色調補正 として ホワイトバランスをとります。
  これが、補正のメイン作業です。これがうまく行けば9割うまく行ったも同然です。
基本的には、白が白に見えるように補正します。上記例では、シャツが、
それに当たります。
 これは、色(シキ)温度の調整です。色温度とは、白が白に見える為の
光源の温度です。太陽は6000度Cで白が 白に見える訳です。
晴れとか、曇りで微妙に変わります。ストロボも6000度に合わせています。
白熱灯は3000度C前後になります。
フォトレタッチソフトでは、通常、白もしくは灰色に見える部分を画像の中から
選べばそれに合わせて全体を調整する機能がありますので、トライしてください。
これで全体の色合いが、すばらしく調整されます。
スチール写真ですと、これを撮影前のフィルターでしか調整出来ません。
ビデオカメラでも、ホワイトバラスと称して自動調整されており、気に入らなければ
手動で撮影前に行ないます。

撮影後、この調整が出来るのが、デジタルデータの良いところです。

 ちなみに、Photo Shop では、イメージの色調補正のレベル補正で、右下のペンで画像の白を選んでクリックすると、ホワイトバランスが調整できます。

3 イメージの 色調補正 として トーンカーブで明るさを補正します。 概ねデジカメでは、画像はアンダー気味でとれるように設計されていますし、その方が後の補正はやりやすいのです。

ちなみに、Photo Shop では、イメージの色調補正のトーンカーブで少し上で線を上げれば明るくなります。


4 イメージの 色調補正 で  コントラスト と 明るさ を調整します。
これは、コントラストを調整すると、暗くなるので、明るさとともに補正
することになります。

ちなみに、Photo Shop では、イメージの色調補正の明るさコントラストで調整出来ます。

5 画像全体のシャープさを強調します。
  これは、好みと画像の状態で変わります。荒くなりますので、4のままでも可
ただ、ここの小さいサンプル画像は、すべて、縮小のあと、シャープで補正を
かけています。画像を小さくしますと、通常ぼやけた感じになる為。

ちなみに、Photo Shop では、フィルタのシャープで調整可能です。


以上で、見違える様に、写真が変わるのが判ると思います。


これが出来るのが、デジタルデータのよいところです。

弊社での使用機種は、ニコンのクールピクス910=7万円(JAN/99) です。
=後継機は、クールピクス4500
今は、後継機種が出ています。有効120万画素
不動産の仕事に使うならこれが、良いと思います。少しかさばりますが。
広角レンズ、魚眼レンズがありさらにストロボが、外付で増灯可能な為。

パソコンとの接続は、通信ケーブルではなく
PCカードリーダー を選びました。
PCカードリーダーは、ハードディスクが、1台増えた感じ
で大変転送速度が、速く大満足です。1.9万円
お勧めです。絶対に通信ケーブルは止めるべきです。

もちろん 広角レンズ=8000円を購入
魚眼レンズは、迷いましたが、
魚眼レンズ=2.8万円も望遠側で使用すると
歪みが少なく、実用レベルと思われます。
購入して正解でした。

さらに、外付のストロボも購入しました。=1.5万円
ざっと15万円で、半分趣味も兼ねているとは言え、
それにしても、少し高い買い物でした・・・・。

一覧&整理のフリーソフト
画像ビュワーソフトの定番はこれ
 ViX(統合画像ビュアー、Windows95/98/Me/NT4.0/2000/XP用、フリーソフトウェア)
http://www.katch.ne.jp/~k_okada/

スライド機能もついて、サムネイルで全ての画像が見えます。

 


 

上へ ] 魚眼レンズの活用 ]